入試情報 | ワイズメディア

ys media

  • Check

高校の入試制度
群馬

群馬県公立高校の入試制度

直近の入試状況

2014年12月
27年度の公立高校の一般募集定員では、中学校卒業予定者が140人程度減少するため、尾瀬、万場、市立利根商業など7校で計160人の定員減となった。また、市立太田では、中高一貫の高等部への進学のため、普通科を設置、商業科とあわせ定員を65人増加したが、外部募集は停止した。
県内中学校の来春の卒業予定者は、1万9258人で、前年の卒業生より140人程度減少する見込みだ。(5月1日付け学校基本調査)
このため、全日制課程の募集定員は、富岡実業の食品科学と園芸科学が地域産業として統合し、80⇒40、尾瀬で普通40⇒32、自然環境40⇒32、万場、下仁田、長野原の普通で80⇒64、嬬恋の普通で40⇒32、スポーツ健康と流通ビジネスで20⇒16になり、県立全日制で120人減少する。
また、市立利根商業は、定員が200⇒160人に減少し、市立太田は、一貫部の生徒が高等課程に進学するため、外部募集は停止される。
定時制課程は、560人の定員に変更はない。
それ以外の変化では、前橋西と西邑楽・普通が男女別枠定員から、合計の募集に切り替えられる。
また、桐生女子の普通と英語、富岡実業の生物生産・地域産業・電子機械の各学科はくくり募集に変更された。

入試制度などについて

2015年1月
平成27年度群馬県公立高等学校の募集定員について


各高校についての詳細は群馬県教育委員会のホームページをご覧下さい。
群馬県教育委員会

高等学校等就学支援金情報

2013年12月
平成26年4月から「高等学校等就学支援金」制度が変わります。
平成25年11月29日文部科学省発表抜粋
平成26年4月から「高等学校等就学支援金」制度が変わります。
●新制度では、国公私立問わず、高校等の授業料の支援として一定の収入額未満の世帯に「就学支援金」が支給されます。  「就学支援金」を受け取るには、課税証明書(市町村民税所得割額が記載されたもの)と申請書を提出ご提出いただくことが必要です。
◆就学支援金の支給限度額は全日制は月額9,900円【公立の定時制高校は月額2,700円、通信制高校は月額520円、私立の定時制・通信制高校は月額9,900円】の予定です。
●国公私立問わず、「市町村民税所得割額」が30万4200円以上の世帯(※1)では、授業料をご負担いただくことになります。
●新制度は、平成26年4月以降に入学する方が対象です。現在すでに高校等に在学されている方は、引き続き、現行制度(※2)が適用されます。
※1 市町村民税所得割額は、両親の合算です。両親のうちどちらか一方が働き、高校生1人、中学生1人の家庭であれば、市町村民税所得割額が30万4200円の場合、年収は910万円になります。
※2 公立高校は授業料不徴収制度、私立高校等は就学支援金制度(年収250万円未満の世帯は年額237,600円、年収250~350万円の世帯は年額178,200円、年収350万円以上の世帯は118,800円が支給される制度)が適用されます。所得制限や、私立高校等の低所得者への就学支援金の加算を現行制度以上に拡充する部分は適用されません。

高等学校等就学支援金制度Q&A

Q1 これまでの制度とどこが変わるのですか?
これまで、公立高校と私立高校に通う生徒の間では教育費負担に大きな格差があることや、低所得者世帯では教育費負担が依然として大きいなどの課題がありました。新制度では、市町村民税所得割額が30万4200円以上の世帯には授業料をご負担いただくことになりますが、私立高校に通う生徒について、就学支援金の加算をこれまで以上に拡充するなど、家庭の経済状況にかかわらず、希望に沿った進路選択ができるようになります。

Q2 支援の対象はどのような人ですか?
これまでの不徴収制度や就学支援金制度の対象であった、国公私立の高等学校(全日制、定時制、通信制)や中等教育学校後期課程、特別支援学校の高等部、高等専門学校(1~3学年)、専修学校高等課程などに加えて、専修学校の一般課程や各種学校のうち国家資格者養成課程に指定されている学校の生徒も就学支援金の支給対象とする予定です。また、文部科学大臣に認定を受けている在外教育施設高等部の生徒への支援を別途行う予定です。
ただし、以下の方は対象とはなりません。
●高校等を既に卒業した生徒や3年(定時制・通信制は4年)を超えて在学している生徒
●専攻科、別科の生徒や、科目履修生、聴講生
●市町村民税所得割額が30万4200円以上の世帯の生徒

Q3 就学支援金を受給するのにどのような手続きが必要ですか?
就学支援金の受給資格を得るため、申請書(学校を通じて配布されています)と、課税証明書(市区町村の窓口で発行されます)等の所得を証明する書類を提出することが必要です。来年度入学される方は、4月に申請書等をご提出いただくことになりますが、提出先は都道府県によって異なりますので、改めてお知らせします。

Q4 就学支援金は、誰が受け取るのですか?
学校設置者(都道府県や学校法人など)が、生徒本人に代わって受け取り、授業料に充てることになります。生徒本人(保護者)が直接受け取るものではありません。なお、学校の授業料と就学支援金の差額については、生徒本人(保護者)が支払う必要があります。(学校によっては、一旦授業料を全額徴収し、後日、就学支援金相当額を還付する場合もありますので、詳しくは、学校にお問い合わせください)

Q5 就学支援金以外に、高校段階の支援はどのようなものがありますか?
授業料以外の教育費の負担を軽減するため「奨学のための給付制度」(仮称)を創設する方針です。
就学支援金の加算拡充や「奨学のための給付制度」の詳細は、年明けにお知らせします。

今後の予定
★私立高校等に通う生徒のうち、年収250万円未満の世帯や年収250~350万円の世帯に対する就学支援金の加算の拡充や、年収350万円以上の一定の収入額の世帯の方への加算を予定しています。(年収は両親のうちどちらか一方が働き、高校生1人、中学生1人の世帯の場合)
★国公私立に通う生徒への授業料以外の教育費への支援として、低所得者向けに新しく「奨学のための給付金」(仮称)の創設を予定しています。

その他:都道府県等では、国による授業料支援としての「就学支援金制度」とは別に、収入に応じた独自の授業料減免制度を設けています。
以上、引用
詳しくは文部科学省ホームページで確認し、今後の発表も注意してご覧ください。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/1341956.htm

2014年4月
群馬県教育委員会から、平成26年度県立高校入学者選抜の日程が発表されました。
【前期】
平成27年2月6日(金)、9日(月) 入学願書等受付
2月16日(月)※加えて2月17日(火)に実施する場合もあります。 検査(面接等)実施
2月20日(金) 合格者発表

【後期】
平成27年2月25日(水)、26日(木)入学願書等受付
3月3日(火) 志願先変更
3月10日(火)、11日(水) 学力検査等実施
3月17日(火) 合格者発表

詳しくは群馬県教育委員会ホームページで確認して下さい。






2012年5月
この情報は終了いたしました。

入試制度について

2012年10月
群馬県教育委員会から、『平成25年度群馬県公立高等学校生徒募集定員』が発表されています。
各高校別に、それぞれの学校定員及び学科定員が明記されています。
詳しくは下記ホームページでご覧下さい。

群馬県教育委員会事務局高校教育課

2012年4月
 群馬県公立高校の入学者選抜は、全日制の場合、2月中旬頃「面接」等がある『前期選抜』と、3月初旬に「学力検査」がある『後期選抜』に分かれています。その後、各高校で5人以上の欠員のある場合、3月下旬に3教科の「学力検査」を実施する『再募集』を行うことになっています。また、この選抜日程には、3部制・単位制・無学年制が特徴のフレックススクール、前橋清陵高校と太田フレックス高校2校の選抜も含まれます。全県一区の選抜で県内に住んでいれば、どこの高校も受験できます。

全日制選抜

 『前期選抜』は、募集人員を各校の募集定員の10%〜50%を標準として、学校、学科ごとに校長が定めます。また、各校長は、「面接」、「英語面接」、「実技検査」、「作文」、「小論文」、「パーソナル・プレゼンテーション」、「総合問題」等のうちから、いくつかを組み合わせて検査を定め、志願者は受検することになります。この検査結果と志願者が在学する中学校長が提出した調査書等を総合して、選抜が行われます。
 『後期選抜』は、募集定員から前期選抜の募集人員を減じた数が、後期の募集人員となります。
特徴としては、国、数、英、社、理の5教科の学力検査の結果と調査書等を総合して選抜されます。

定時制課程選抜

 3月の上旬頃に面接及び作文に加え、各高校長が必要とした場合は、国、数、英の3教科のうちから、指定した各校独自問題の学力検査を課せられます。これらの結果と調査書を総合し選抜されます。なお、定時制課程定員で、5人以上の欠員がある場合は『再募集』が行われ、それでも定員が満たない場合は、『追加募集』が行われます。
 以下は群馬県教育委員会から発表された25年度入試日程です。※必ず要項などでも確認して下さい。

県立高等学校入学者選抜日程

全日制課程及びフレックススクール前期選抜  連携型選抜
入学願書等受付   平成25年2月6日(水)、2月7日(木)
検査(面接等)実施 平成25年2月14日(木)加えて2月15日(金)にすることもある。
合格者発表     平成25年2月21日(木)
全日制課程及びフレックススクール後期選抜  定時制課程選抜
入学願書等受付   平成25年2月26日(火)、2月27日(水)
志願先変更     平成25年3月4日(月)
学力検査等実施   平成25年3月7日(木)、8日(金)定時制課程は3月7日のみに実施
合格者発表     平成25年3月14日(木)
以下割愛

群馬県教育委員会