ys media

  • Check

入試情報
東京

東京都の高校入試制度

都立新宿高校 編集部撮影

◆東京都公立高校の入試制度

都立高校の入試は大きく2種類に分かれている。それは「推薦に基づく入試」と「学力に基づく入試」の二つ。
「学力に基づく入試」についてはマークシート式が導入されるなど、28年度入試には変更があるので確認して欲しい。
最新情報は下記URLから確認できる。
・入試情報 - 東京都教育委員会
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/pickup/p_gakko/nyusen.html

平成28年度入学者選抜日程

1 推薦に基づく選抜
入学願書受付日 平成28年1月21日(木曜日)
実施日 平成28年1月26日(火曜日)・27日(水曜日)
合格発表日 平成28年2月2日(火曜日)

2 学力検査に基づく選抜
(1)第一次募集及び分割前期募集(注2)
入学願書受付日 平成28年2月4日(木曜日)・5日(金曜日)
実施日 平成28年2月24日(水曜日)
合格発表日 平成28年3月2日(水曜日)

(2)分割後期募集(注2)及び全日制第二次募集(注3)
入学願書受付日 平成28年3月7日(月曜日)
実施日 平成28年3月10日(木曜日)
合格発表日 平成28年3月16日(水曜日)

(3)定時制第二次募集(注3)
入学願書受付日 平成28年3月23日(水曜日)
実施日 平成28年3月28日(月曜日)
合格発表日 平成28年3月29日(火曜日)

(注2)分割募集:定員を前期と後期に分割し、2回に分けて行う募集
(注3)第二次募集:第一次募集で欠員のある学校が行う欠員補充の募集


◆東京都私立高校の入試制度

・私立高校入試 志望校の入試変化に注意
28年度入試の都内私学では、推薦入試が1月22日から、一般入試が2月10日から一斉に開始される。
都内私立高校の主な入試変更では、東京学園(目黒区)が募集停止、日体荏原(大田区)は、日本体育大学荏原と校名を変更する。芝浦工業大(板橋区)は、29年4月に江東区に移転し共学化する。
前年では、文京区に移転、共学化した東洋大京北、校名変更し大幅なコース改編を実施した三田国際や開智日本橋などが、大幅な志願者の増加と学力レベルが急上昇したことなどが注目された。
28年度入試でも、学科・コースの改編や新設を行う高校が多い。
高校の募集変化は、受験生の高校選びに大きく影響する。また、各校の選抜では、推薦、一般の併願とも、出願や優遇の入試制度と、その条件を発表するケースが多いことから、希望する学校の説明会や相談会への参加を心掛けておきたい。
岩佐教育研究所が9月中旬までにまとめた、都内私立高校の平成28年度入試変更点より主な変更点をみる。まだ調査中のため、必ず該当の学校の入試情報を確認してほしい。

■募集停止
・東京学園(目黒区)

■校名変更
・日体荏原(大田区)→日本体育大学荏原

■学科・コースの変更
・淑徳SC(文京区)→I類にSクラスを新設。
・富士見丘(渋谷区)→一般クラスをグローバルコースに、英語特別選抜クラスをアドバンスコースA・Bに再編。Bは帰国生対象。
・国本女子(世田谷区)→スーパーアドバンスと総合進学コースを普通科のみに再編。
・文化学園大杉並(杉並区)→英語コースと総合・アドバンストコースを統合し、総合、国際、ダブルディプロマの3コースに再編。
・日大豊山(文京区)→体育コースをスポーツコースに名称変更。特進・進学・スポーツの3コースに。
・駒込(文京区)→国際教養コースを新設。国際教養、スーパーアドバンス,アドバンスA、アドバンスの4コース制に。
・東京家政大附女子(板橋区)→創造、躍進コースを躍進i、躍進i―Eコースに再編。
・ ・帝京(板橋区)→文理コース特進クラスを特進コースに再編、文理・特進・インターナショナルの3コースへ。
・東京女子学院(練馬区)→外国語コースを新設。総合・外国語コースの2コース制へ。
・共栄学園(葛飾区)→普通コースを進学コースに改編。特進・進学コースの2コース制。
・明星(府中市)→グローバルサイエンス(MGS)クラス新設。本科とMGSクラスへ。
・藤村女子(武蔵野市)→総合コース新設。普通科は、S特,特進、進学、総合の4コース。スポーツ科学科は、スポ科、スポ科特進の2コースへ。
・聖徳学園(武蔵野市)一般コースを進学コースに再編。難関特進、進学の2コース制。

(進学メディア東京版10月号より抜粋)