ys media

  • Check

教育専門家に聞く!合格コラム

夏に勝つ人、負ける人 その差は自分コントロールが出来るかどうかだ

受験生にとって夏(休み)がどれだけ大事か。
言い尽くされた感もありますが、それでもあえてもう一度言っておかなければなりません。
学校が休みであることをプラスに出来る人、逆にマイナスになってしまう人。
その違いはどこにあるかを考えてみます。

詳細ページへ

夏の飛躍を準備するのは今だ 急成長した先輩たちは何をやってきたか

入試本番まですでに9か月を切っています。と言っても、まだ慌てる時期ではありません。
しかし、この時期にやっておかないと後悔することもあります。
また、今やっておくと後々の受験勉強が大変有利になる事柄もあります。
今回は、少し早めですが、夏休み前にやっておくべきことを考えてみます。

詳細ページへ

夏休みまでは焦らずじっくり学校の授業で受験に必要な力は養える

入試本番まですでに1年を切っています。思ったより短いですね。
しかし、まだ焦る必要はありません。皆さんは、その時期その時期でやっておかなければならないことを確実に実行しておけばいいのです。
そこで今号では、前半戦(夏休みごろまで)にやっておきたいことについて考えてみます。

詳細ページへ

差がつくのは後半より前半 早めに「受験モード」に切り替えを

平成30年度の入試が終わり、受験の主役が交代します。4月からは、いよいよ現2年生の皆さんが受験生と呼ばれるようになります。
本紙では入試本番まで、その時々に受験生が必要とする情報をタイムリーにお届けして行きます。
皆さんがそれぞれ最高の結果を出してもらえるよう応援します。

詳細ページへ

長時間の学力試験

冬休みに集中と持続の鍛錬をしておく

間もなく冬休みです。
入試本番の学力試験は、1日6時間以上に及ぶ長丁場であり、
集中力だけでなく持続力も必要になります。
そこで今号では、いかにして集中力と持続力を鍛えるかを考えてみることにしましょう。

詳細ページへ

過去問から見えてくる次の出題

絞り込み出来れば時間が有効に使える秋から冬へ。
これからが皆さんの力が一番伸びる時期です。
さて、どうやって得点力を伸ばすか。
そのカギを握るのは、過去問研究です。
今回は、過去問研究すれば、今度の入試で出そうな問題が予想できるという話です。

詳細ページへ

まず勉強時間を増やそう

無駄を省き効率化できれば万全
暑くもなく寒くもなく、受験勉強に最適なシーズンです。
そんな今ですから、とにかく勉強時間を増やすことを考えましょう。
それが出来たら今度は無駄を徹底的に省き、効率の良い勉強を目指すことにしましょう。
今回は、勉強の量と質がテーマです。

詳細ページへ

同時並行で進めるべき二つのテーマ

夏休みも終わり、入試本番まで半年を切りました。
受験生の皆さんは、秋から二つのテーマに同時並行的に挑まなくてはなりません。
一つは学校選び、もう一つは実力の養成です。この二つを限られた時間の中で、どう進めて行くか。今回はそのことを考えてみます。

詳細ページへ

経験したことのない夏休み

勝てる人は、自由な時間を最大限に活かす人
この夏は「勝負の夏」です。
夏休みは自由な時間がいっぱいですが、自由だからこその難しさもあります。
今回は、今まで経験したことのない夏の過ごし方について考えてみます。

詳細ページへ

当面の目標に全力投球その繰り返しが実力を伸ばす

長期にわたる受験勉強を乗り切るには、いま目の前にある目標に、その都度全力でぶつかるという考え方が有効です。
学校の定期テストや実力テスト、外部の模擬試験。これら当面の目標に全力投球することで、自然と実力が身についてきます。
今号では、定期考査などに取り組む姿勢について考えてみました。

詳細ページへ