ys media

  • Check

教育専門家に聞く!合格コラム

「勝負の夏、どう過ごす」

経験したことのない夏休み

勝てる人は、自由な時間を最大限に活かす人
この夏は「勝負の夏」です。
夏休みは自由な時間がいっぱいですが、自由だからこその難しさもあります。
今回は、今まで経験したことのない夏の過ごし方について考えてみます。

夏休みは「休み」ではない

皆さんは、小学校で6回、中学校に入ってからは2回の夏休みを経験してきました。
でも、今度の夏休みは、今までに経験したことのない、まったく別の意味を持った夏休みになります。受験生にとって夏休みは「休み」ではないのです。そのことをまず頭に入れておきましょう。
この夏休みは、入試の合否を左右する重要な意味を持った時間となります。
ここでがんばっておけば、今後の展開が大変有利になりますが、なまけてしまうと後からの挽回が非常に難しくなります。

「時間たっぷり」がなぜ危険なのか

夏休みは学校の授業がありません。また、ほとんどの人が部活を引退しています。その分、自由に使える時間がたっぷりあるわけですが、実はそこに大きな危険が潜んでいます。
ふだん学校があるときは、授業の時間が決まっていますから、時間も勉強の中身も、自分で考える必要はありません。これはある意味有難いことです。
でも、夏休みはどうでしょう。時間割がないのです。サボっていても注意してくれる人がいません。
ですから、自分で計画を立て、それを実行できる人と、それができない人との間に大きな差が生まれてしまいます。
ふだんよりたくさん勉強できる人がいる一方、ふだんより少なくなってしまう人もいる。それが夏休みなのです。

夏休みはもう始まっている

夏休みを生かそうと思うなら、夏休みに入ってから計画を立てたのでは間に合いません。
この記事を読んだ皆さんは、その瞬間から計画を立てることを始めてください。
計画というと、すぐに一日のスケジュールや一か月間の日程のことが思い浮かびます。もちろん、それも大事なのですが、それより先に決めなければならないのは、目標です。先に目標があって、それを達成するために計画がある。そういう関係になるのです。

目標は具体的であればあるほど達成しやすい

では、目標とは何か。
これはいろいろな考え方があっていいと思いますが、たとえば「偏差値をいくつ上げる」とか、「何点取れるようにする」とか、できだけ具体的であったほうがいいでしょう。
また、「苦手の数学を克服する」とか、「得意の理科を伸ばす」とか、そういう考え方でもいいでしょう。
古典的なやり方ですが、目標は紙に書いて貼りだしておくというのは、意外に効果があるものです。

計画には柔軟性も必要

計画通りに実行するというのはいいことですが、計画にしばられ過ぎるのも問題です。
夏はある意味、勉強にもっとも適さないシーズンと言えますから、体調がすぐれないときや、気分が乗らないときは、さっさと寝てしまう。逆に、乗ってきたときは、予定の時間をオーバーしても、とことんやる。そういう柔軟性も忘れてはいけません。

夏こそ1・2年の復習を

入試問題は、今やっている3年の範囲だけでなく、1・2年の範囲からも出題されます。
1・2年の範囲の中に理解が不十分なところがあったり、忘れてしまったことがあったりしたら、この夏の間にしっかり復習しておかなければなりません。
学校が始まると、日々の授業の復習が必要ですが、授業のない夏休みは、その必要がありません。復習するなら今しかないと考えましょう。