ys media

  • Check

教育専門家に聞く!合格コラム

「冬休みにやっておきたいこと」 

学力試験は1日がかり 冬休みに長時間の集中力を鍛えておこう

間もなく冬休みを迎えます。
入試本番の学力試験は、1日6時間以上に及ぶ長丁場なので、集中力と持続力が求められます。
そこで今号では、どのようにして集中力と持続力を鍛えるかを考えてみることにしましょう。

学力検査は一日6時間の長丁場

都立入試の学力検査は、朝9時から始まり、午後3時過ぎまで続く長丁場です。
学校の試験ではこんな経験はないでしょう。
5教科の学力試験を課す場合の時間割を見てみましょう。
国語 9時00分~ 9時50分
数学 10時10分~11時00分
英語 11時20分~12時10分
昼食 12時10分~13時10分
社会 13時10分~14時00分
理科 14時20分~15時10分
※都立高校の場合
休み時間(各20分)や昼休み(昼食時間)も含めてですが、ほとんど一日がかりと言っていいでしょう。
ふだん学校で6時間授業を受けているといっても、それとは緊張感が比べものになりません。
皆さんに必要なのは第一に1問1問への集中力です。第二にその集中力を継続させる持続力です。スポーツに例えると、パワーとスタミナです。
冬休みは、そのことを意識して受験勉強に取り組んでください。
1時間勉強したら10分か15分休憩する。それを5回繰り返すと、本番で求められる集中力と持続力が身につくということですね。

追い込む勉強はこれが最後の機会

長時間の勉強は、冬休みだからできることと言えるでしょう。
学校が始まってからも土日祝日にはそのような長時間の勉強は可能ですが、本番が目前に迫ってきますから、やや余裕のあるスケジュールにすべきです。
特に本番直前の1~2週間は、勉強時間を減らすぐらいにしないとベストコンディションで試験に臨むことが難しくなります。心身ともに疲れ切った状態では日頃の力が発揮できません。直前に大事なのは気力・体力の温存です。
冬休みは、ぎりぎりまで自分を追い込んでみましょう。
苦しいことですが、これが最後の機会と思って頑張ってみてください。

問題演習は時間配分も考えて

これからの勉強は、過去問を中心とした問題演習になるでしょう。
問題演習には2つのやり方があります。
一つは、分かるまで出来るまで、とことんやる方法です。疑問や不安を残してはいけませんから、おそらく今まではこのやり方だったのではないでしょうか。
しかし、本番が近づいてきたら、もう一つの方法が必要になってきます。時間を測ってやる方法です。
本番の試験では時間配分が非常に重要になりますから、今後は、問題を解くのに要した時間も意識してください。
各教科とも、後半の問題になるほど正答率が低下する傾向が見られます。問題の難易度ということもありますが、時間配分の失敗も原因だと考えられます。

いま学校で習っていることも試験範囲

皆さんはこの1年間、何回も模擬試験を受けてきたと思います。
ですから、1・2年の範囲については自分の弱点に気づいているでしょう。弱点は本番までに強化しておきましょう。
気になるのは3年、特に3年後半の、いま学校で習っている範囲です。これらについては、模擬試験で確認する機会がほとんどありません。つまり、自分の弱点に気づかないまま本番を迎えてしまう恐れがあるということです。
いま学校で習っている範囲は、どうしても練習不足になりがちなので、やや多めに問題演習をやりましょう。
可能であれば、問題演習を通じて、学校の授業より少し先行して勉強しておくといいでしょう。

受けたテストすべてが予想問題

皆さんがこれまでに受けてきたテストは、すべて本番に向けての予想問題です。
学校の定期試験は、本番の試験とは出題形式が異なっているかもしれませんが、基礎・基本の確認には最適です。
模擬試験は、順位や偏差値に目が向くことが多いと思いますが、保存してある人はもう一度やり直してみましょう。模擬試験は内容も形式も、本番試験に沿った形で作られています。
そして、最強の予想問題集は、やはり過去問です。2年連続して同じ単元ということはあまりありませんが、数年おきに同じ単元から繰り返し出されています。
過去問は何回やっても同じ結果が出せるようにしておきましょう。