ys media

  • Check

編集部が行く!

平成30年度 北方領土に関する全国スピーチコンテスト開催

全国の中学生が北方領土に関する自由な内容のスピーチを行う「北方領土に関する全国スピーチコンテスト」が開催されます。
コンテストは一次選考、二次選考の後、来年2月の最終選考会において、各賞が決定されます。
一次選考の締め切りは10月31日(水)まで。以下、今年度の開催概要を紹介します。


みなさんは、歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島の島々を知っていますか?

これらの島々は「北方領土」と呼ばれ、私たち「日本」の固有の領土です。
以前は多くの日本人が暮らしていましたが、現在はロシアに法的根拠なく占拠されています。
北方領土問題の解決のためには、一人一人が北方領土に関心をもち、正しく理解することが何よりも大切です。
このコンテストでは、みなさんが北方領土の歴史的な経緯や北方領土問題の解決方法、返還後のビジョンなどについて、考えたこと、学習したこと、友達や家族と話し合ったこと、身近で体験したことなど北方領土に関する自由な内容のスピーチ原稿の作品を募集します。
選考を通過した応募者については、平成31年2月23日(土)に東京で開催する最終選考会において、実際のスピーチにより賞を決定し表彰します。

内閣府特命担当大臣賞の受賞者のほか若干名においては、次年度に実施予定の北方四島交流事業へ参加する機会を提供する予定です。
 
-賞-
・内閣府特命担当大臣賞・・・・・・・・・・・・・1名
・内閣府北方対策本部審議官賞・・・・・・・・・・1名
・独立行政法人北方領土問題対策協会理事長賞・・・1名
・審査委員特別賞・・・・・・・・・・・・・・・・2名
・奨励賞・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5名
※副賞:図書カード等(各賞共通)

hoppou_h30_1.jpg

チラシPDFはこちらから、北方領土に関するスピーチコンテスト

応募詳細::http://comm.stage.ac/hoppou-speech30/

応募締切:10月31日(水)消印有効

主 催:独立行政法人北方領土問題対策協会

後 援: 内閣府、外務省、文部科学省、全日本中学校長会、
     全国都道府県教育委員会連合会、公益社団法人日本PTA全国協議会