ys media

  • Check

編集部が行く!

【参加者募集】セミナー「『大学の実力』を読み解く」開催!

読売新聞東京本社は9月30日(土)、全国692大学の最新データを満載した「大学の実力2018」(中央公論新社、9月28日発売予定)の出版を記念して、セミナー「『大学の実力』を読み解く──偏差値で選んでいいの?」を開催します。
当日は、塩瀬隆之・京都大准教授による講演と、ワークショップ「大学の実力バイキング」を行い、志望大学の選び方などを考える予定です。
進学に関心をもつ中高生やその保護者、教員らのみなさまが対象です。
ふるってご参加ください。
 


20170911.jpg

<日時>

9月30日(土)14:00~16:30
 
<会場>

読売新聞東京本社
(東京都千代田区大手町1-7-1、東京メトロ大手町駅C3出口直結)
 
<参加対象>

進学に関心を持つ中高生や保護者、教員ら
 
<定員>

先着100人
 
<参加料>

1500円
・資料として「大学の実力2018」をプレゼントします
・親子2人で参加される場合は、1人分の料金で参加できます
 
<応募方法>

メール宛先 t-manabu@yomiuri.com
・件名に「セミナー応募」とお書きください
・本文に、氏名(親子の場合は連記)、ふりがな、職業(学校名)、電話番号をお書きください
 
<応募期限>

9月24日(日) ※定員に達し次第、締め切らせていただくことがあります
 
<問い合わせ>

教育ネットワーク事務局
t-manabu@yomiuri.com

平成29年度 北方領土に関する全国スピーチコンテスト開催

全国の中学生が北方領土に関する自由な内容のスピーチを行う「北方領土に関する全国スピーチコンテスト」が開催されます。
コンテストは一次選考、二次選考の後、来年2月の最終選考会において、各賞が決定されます。
一次選考の締め切りは10月31日(火)まで。以下、今年度の開催概要を紹介します。

みなさんは、歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島の島々を知っていますか?

これらの島々は「北方領土」と呼ばれ、私たち「日本」の固有の領土です。
しかしながら、第2次世界大戦が終わった後、北方領土は当時のソ連軍に占領され、現在もロシアによる法的根拠のない占拠が続いており、日本の政府は、北方領土問題を一日も早く解決し、ロシアとの間に平和条約を締結することを目指しています。
北方領土問題を解決するためには、1人ひとりが北方領土を身近な問題として捉え、正しく理解し、関心をもつことが大切です。
このコンテストでは、みなさんが北方領土の歴史的な経緯や北方領土問題の解決方法、返還後のビジョンなどについて、考えたこと、学習したこと、友達や家族と話し合ったこと、身近で体験したことなど北方領土に関する自由な内容のスピーチ原稿の作品を募集します。
選考を通過した応募者については、平成30年2月24日(土)に東京で開催する最終選考会において、実際のスピーチにより賞を決定し表彰します。
 
-賞-
・内閣府特命担当大臣賞・・・・・・・・・・・・・1名
・内閣府北方対策本部審議官賞・・・・・・・・・・1名
・独立行政法人北方領土問題対策協会理事長賞・・・1名
・審査委員特別賞・・・・・・・・・・・・・・・・2名
・奨励賞・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5名
※副賞:図書カード等(各賞共通)

内閣府特命担当大臣賞の受賞者のほか若干名においては、次年度に実施予定の北方四島交流事業へ参加する機会を提供する予定です。


hoppou_H29-1.jpg

チラシPDFはこちらから、北方領土に関するスピーチコンテスト.pdf

IMG_6779.JPG

IMG_7949.jpg

応募詳細:http://comm.stage.ac/hoppou-speech29/

応募締切:10月31日(火)消印有効

主 催:独立行政法人北方領土問題対策協会

後 援:内閣府 外務省 文部科学省 全日本中学校長会 
    全国都道府県教育委員会連合会 公益社団法人日本PTA全国協議会

2017 公立高校・私立高校 文化祭カレンダー(神奈川県)

いよいよ夏休みも終盤、まもなく2学期が始まります。秋は文化祭のシーズンです。
文化祭は、その学校が一番盛り上がる一大イベントです。

模擬店や研究発表から個別相談ブースまで、見どころがたくさんあります。
その学校に通う先輩たちから直接話を聞くことも出来るかもしれません。
先輩たちの中には、文化祭を見て志望校を決めた人も多いそうです。
9月以降に開催される文化祭の日程をまとめてみました。
学校の様子を知る絶好の機会です。ぜひ足を運んでみましょう!

※目的の学校について事前に良く調べていきましょう。
※見学には、予約やチケット(招待券)、制服の着用や生徒手帳の持参が必要な学校もあります。
※開催日時などは、各学校のHPなどで、各自で必ず確認してください。

2017公立高校・私立高校 文化祭カレンダー
下記のリンクをクリックするとPDFが開きます。
201709kanagawabunkasai.pdf