ys media

  • Check

編集部が行く!

臨時増刊号、一部訂正のお知らせ

11月2日にお届けさせていただきました、2018年埼玉版 よみうり進学メディア臨時増刊号につきまして、
内容に一部、誤りがございました。
ここに訂正させていただきますとともに、読者の皆様、関係各位にお詫び申し上げます。
大変申し訳ございませんでした。

1面、「入試問題にチャレンジ」理科の項

正)〈平成28年度 埼玉県公立 学力検査問題〉

誤)〈平成28年度 埼玉県公立 学校選択問題〉

2018埼玉県高校文化祭日程一覧

いよいよ2学期が始まります。秋は文化祭のシーズンです。
文化祭は、その学校が一番盛り上がる一大イベントです。
模擬店や研究発表から個別相談ブースまで、見どころがたくさんあります。
その学校に通う先輩たちから直接話を聞くことも出来るかもしれません。
先輩たちの中には、文化祭を見て志望校を決めた人も多いそうです。
9月以降に開催される文化祭の日程をまとめてみました。
学校の様子を知る絶好の機会です。ぜひ足を運んでみましょう!

※目的の学校について事前に良く調べていきましょう。
※見学には、予約やチケット(招待券)、制服の着用や生徒手帳の持参が必要な学校もあります。
※開催日時などは、各学校のHPなどで、各自で必ず確認してください。

2018埼玉県高校文化祭日程カレンダー
下記のリンクをクリックするとPDFが開きます。

2018埼玉県高校文化祭日程カレンダー(PDF)

平成30年度 北方領土に関する全国スピーチコンテスト開催

全国の中学生が北方領土に関する自由な内容のスピーチを行う「北方領土に関する全国スピーチコンテスト」が開催されます。
コンテストは一次選考、二次選考の後、来年2月の最終選考会において、各賞が決定されます。
一次選考の締め切りは10月31日(水)まで。以下、今年度の開催概要を紹介します。


みなさんは、歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島の島々を知っていますか?

これらの島々は「北方領土」と呼ばれ、私たち「日本」の固有の領土です。
以前は多くの日本人が暮らしていましたが、現在はロシアに法的根拠なく占拠されています。
北方領土問題の解決のためには、一人一人が北方領土に関心をもち、正しく理解することが何よりも大切です。
このコンテストでは、みなさんが北方領土の歴史的な経緯や北方領土問題の解決方法、返還後のビジョンなどについて、考えたこと、学習したこと、友達や家族と話し合ったこと、身近で体験したことなど北方領土に関する自由な内容のスピーチ原稿の作品を募集します。
選考を通過した応募者については、平成31年2月23日(土)に東京で開催する最終選考会において、実際のスピーチにより賞を決定し表彰します。

内閣府特命担当大臣賞の受賞者のほか若干名においては、次年度に実施予定の北方四島交流事業へ参加する機会を提供する予定です。
 
-賞-
・内閣府特命担当大臣賞・・・・・・・・・・・・・1名
・内閣府北方対策本部審議官賞・・・・・・・・・・1名
・独立行政法人北方領土問題対策協会理事長賞・・・1名
・審査委員特別賞・・・・・・・・・・・・・・・・2名
・奨励賞・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5名
※副賞:図書カード等(各賞共通)

hoppou_h30_1.jpg

チラシPDFはこちらから、北方領土に関するスピーチコンテスト

応募詳細::http://comm.stage.ac/hoppou-speech30/

応募締切:10月31日(水)消印有効

主 催:独立行政法人北方領土問題対策協会

後 援: 内閣府、外務省、文部科学省、全日本中学校長会、
     全国都道府県教育委員会連合会、公益社団法人日本PTA全国協議会

平成30年度公立入試、144校で実施

3月1日、埼玉県内144校の公立高校で入学試験が実施されました。全日制の入学許可予定者数38,320人に対し、44,503人が志願し倍率は1.16倍(昨年1.19倍)。春の嵐が吹き荒れるなかの入試でしたが、大きな混乱は無かった模様です。

IMG_2668.JPG
写真は取材にお伺いした大宮高校の様子。中学生、保護者、応援に駆けつけた塾の先生などで校門前に大勢集まっていました。
大宮高校では普通科1.5倍、理数科2.23倍という高倍率(志願確定者数)。

IMG_2664.JPG
まばらな雨に足早に会場に向かう中学生たちの姿がありました。

叡明高校で第1回関東5校合同ダンスバトルトーナメント開催

2月12日、叡明高校(越谷市)で「第1回 関東5校合同ダンスバトルトーナメント STREET KINGDOM~Special Version~」が開催される。
叡明高校を会場に、昌平高校、県立杉戸高校、東野高校、二松学舎大学附属高校の5校のダンス部が集い、ダンスバトルチャンピョンを決める大会だ。

参加は5校あわせて約75人。
それぞれが3対3や1対1のダンスバトルを行い、トーナメントの頂点を目指す。
また対抗戦のほかに、大会の終盤には各校顧問(部長)が選抜したメンバーの参加校をシャッフルして行う「3on3スペシャルマッチ」も開催する。
各校選りすぐりのメンバー同士さらに交流を深めたいという思いがあるそうだ。

第1回大会の開催にあたり、叡明高校ダンス部顧問の上地先生は
「日々全力でダンスに取り組む高校生を本気で応援したいという気持ちが集結し、このような大会となりました。
ダンスだけではない心の成長や人との関わりなど、日々の練習という自分のフィールドを出て、互いを高めあう機会にして欲しいと思います」
と話してくれた。

同校ではこの大会後、世界最大のHIPHOPクルーとも言われるROCK STEADY CREWのメンバーMr.Wigglesの来校や、東京六大学ストリート連盟のfatsnakeによるワークショップ開催など、ダンス関連のイベントを予定しているという。
同大会についての問い合わせは叡明高校まで。