ys media

  • Check

編集部が行く!

【参加者募集】セミナー「『大学の実力』を読み解く」開催!

読売新聞東京本社は9月30日(土)、全国692大学の最新データを満載した「大学の実力2018」(中央公論新社、9月28日発売予定)の出版を記念して、セミナー「『大学の実力』を読み解く──偏差値で選んでいいの?」を開催します。
当日は、塩瀬隆之・京都大准教授による講演と、ワークショップ「大学の実力バイキング」を行い、志望大学の選び方などを考える予定です。
進学に関心をもつ中高生やその保護者、教員らのみなさまが対象です。
ふるってご参加ください。
 


20170911.jpg

<日時>

9月30日(土)14:00~16:30
 
<会場>

読売新聞東京本社
(東京都千代田区大手町1-7-1、東京メトロ大手町駅C3出口直結)
 
<参加対象>

進学に関心を持つ中高生や保護者、教員ら
 
<定員>

先着100人
 
<参加料>

1500円
・資料として「大学の実力2018」をプレゼントします
・親子2人で参加される場合は、1人分の料金で参加できます
 
<応募方法>

メール宛先 t-manabu@yomiuri.com
・件名に「セミナー応募」とお書きください
・本文に、氏名(親子の場合は連記)、ふりがな、職業(学校名)、電話番号をお書きください
 
<応募期限>

9月24日(日) ※定員に達し次第、締め切らせていただくことがあります
 
<問い合わせ>

教育ネットワーク事務局
t-manabu@yomiuri.com

平成29年度 北方領土に関する全国スピーチコンテスト開催

全国の中学生が北方領土に関する自由な内容のスピーチを行う「北方領土に関する全国スピーチコンテスト」が開催されます。
コンテストは一次選考、二次選考の後、来年2月の最終選考会において、各賞が決定されます。
一次選考の締め切りは10月31日(火)まで。以下、今年度の開催概要を紹介します。

みなさんは、歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島の島々を知っていますか?

これらの島々は「北方領土」と呼ばれ、私たち「日本」の固有の領土です。
しかしながら、第2次世界大戦が終わった後、北方領土は当時のソ連軍に占領され、現在もロシアによる法的根拠のない占拠が続いており、日本の政府は、北方領土問題を一日も早く解決し、ロシアとの間に平和条約を締結することを目指しています。
北方領土問題を解決するためには、1人ひとりが北方領土を身近な問題として捉え、正しく理解し、関心をもつことが大切です。
このコンテストでは、みなさんが北方領土の歴史的な経緯や北方領土問題の解決方法、返還後のビジョンなどについて、考えたこと、学習したこと、友達や家族と話し合ったこと、身近で体験したことなど北方領土に関する自由な内容のスピーチ原稿の作品を募集します。
選考を通過した応募者については、平成30年2月24日(土)に東京で開催する最終選考会において、実際のスピーチにより賞を決定し表彰します。
 
-賞-
・内閣府特命担当大臣賞・・・・・・・・・・・・・1名
・内閣府北方対策本部審議官賞・・・・・・・・・・1名
・独立行政法人北方領土問題対策協会理事長賞・・・1名
・審査委員特別賞・・・・・・・・・・・・・・・・2名
・奨励賞・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5名
※副賞:図書カード等(各賞共通)

内閣府特命担当大臣賞の受賞者のほか若干名においては、次年度に実施予定の北方四島交流事業へ参加する機会を提供する予定です。


hoppou_H29-1.jpg

チラシPDFはこちらから、北方領土に関するスピーチコンテスト.pdf

IMG_6779.JPG

IMG_7949.jpg

応募詳細:http://comm.stage.ac/hoppou-speech29/

応募締切:10月31日(火)消印有効

主 催:独立行政法人北方領土問題対策協会

後 援:内閣府 外務省 文部科学省 全日本中学校長会 
    全国都道府県教育委員会連合会 公益社団法人日本PTA全国協議会

クラーク高校東京キャンパス パフォーマンスコース公演

クラーク記念国際高校東京キャンパス パフォーマンスコースの生徒による第133弾公演です。
校長は2013年5月、世界最高齢80歳で3度目のエベレスト登頂に成功した冒険家の三浦雄一郎さん。
チャレンジ精神を大切に、生徒の自主性を重んじる高校です。

全国にキャンパスがあり、11,000名を超える生徒が在籍中です。担任の先生が選べたり、
資格検定取得に力を入れていたり、留学はもちろん、国際色豊かなユニークで自由な校風です。
東京キャンパスの7つのコースの1つ、パフォーマンスコースでは高校必修教科に加え、
ダンス・歌唱・演技・舞台・映像・殺陣・インプロ・RAP etc...の実技のレッスンを中心に、
様々なコンテストやイベントに年間10本以上出演する非常に活発な活動を文武両道で行なっています。
すでにプロ活動をしている人から、まったくの初心者までみんなで仲良く活動するとっても元気なコースです。
魂を揺さぶる最高に楽しい時間をお約束します。
2016年8月に「第27回全国高等学校総合文化祭優秀校東京公演」のオープニングパフォーマンスとして
文化庁より大抜擢され国立劇場の大舞台でダンスを披露しました。
また、本校の北海道キャンパスが甲子園に出場するという快挙を成し遂げ、私たちも応援団として兵庫まで駆けつけました。

第133弾公演「陽だまりの樹」

原作 / 手塚 治虫
脚本 / 横内 謙介

kura-ku201709.jpg

■あらすじ
マンガの神様と呼ばれる手塚治虫は、新しいマンガのネタを求め謎の少年アトムと江戸時代へタイムスリップすることに!?
時は幕末。江戸から明治へと移りゆく時代のさなか、一本気な侍・伊武谷万二郎と手塚治虫の曽祖父にあたる若き蘭方医・
手塚良庵に出会う。生きるとは何か、仕事とは何か、時代に翻弄されながらも自らの道を貫き、生を受けた時代に真っ直ぐに
向き合っていく者たち。時代の終焉と共に桜の木の下で描かれる、時を超えた感動ストーリーをとくとご覧あれ!
9月21日(木)~9月23日(土)

【劇場】六行会ホール (品川区北品川2-32-3)
【電話】03-3471-3200
【料金】一般:2,000円  高校生以下:1,000円
【公演日程】
 9月21日(木)18:30
 9月22日(金)13:00 18:00
 9月23日(土)11:30 16:30
※開場は開演の30分前です。
※全席指定。当日券あり。
※当日は大変な混雑が予想されます。
 ぜひ事前にご予約ください。
※未就学児の観劇はご遠慮ください。

お問い合わせ・ご予約
学校法人クラーク記念国際高校 東京キャンパス
パフォーマンスコース 担当:秋山
TEL:03-3203-3600

2017 都立高校・私立高校 文化祭カレンダー(東京都)

いよいよ夏休みも終盤、まもなく2学期が始まります。秋は文化祭のシーズンです。
文化祭は、その学校が一番盛り上がる一大イベントです。
模擬店や研究発表から個別相談ブースまで、見どころがたくさんあります。
その学校に通う先輩たちから直接話を聞くことも出来るかもしれません。
先輩たちの中には、文化祭を見て志望校を決めた人も多いそうです。
9月以降に開催される文化祭の日程をまとめてみました。
学校の様子を知る絶好の機会です。ぜひ足を運んでみましょう!

※目的の学校について事前に良く調べていきましょう。
※見学には、予約やチケット(招待券)、制服の着用や生徒手帳の持参が必要な学校もあります。
※開催日時などは、各学校のHPなどで、各自で必ず確認してください。

2017都立高校・私立高校 文化祭カレンダー
下記のリンクをクリックするとPDFが開きます。
2017文化祭カレンダー 東京都内 国立・都立高校・高専.pdf
2017文化祭カレンダー 東京都内 私立高校.pdf

明星中学校・高等学校にて「ICT教育研究会 with Classi」を実施

 3月28日、明星中学校・高等学校はClassi株式会社と共同で「ICT教育研究会 with Classi」を開催した。
昨年に引き続き2回目の開催となった今回は、北海道から九州まで200名以上の学校関係者、行政、プレス関係者を招き行われた。
 当日は、静岡大学の益川弘如先生による「ICTが変えるアクティブ・ラーニングと評価~21世紀型学力を見通して~」
がテーマの基調講演から始まり、分科会として明星中学校・高等学校の教員によるICT活用例の発表、他校教員による発表と続いた。
質疑応答の場では、タブレット端末を使用することでの進度の遅れや、
双方向でコミュニケーションが取れているようで先生と生徒の目が合わない不都合等、
現場の教員が抱える悩みなど活発な意見交換が行われた。
 また、分科会の1コマでは明星中学校・高等学校の生徒による「生徒からみたICT教育」の発表も行われた。
自宅での動画学習や、学習進度のチェックなど効果的な利用方法がある一方、
暗記を必要とする科目ではノートや手書きでの反復練習が不可欠との声があがった。
 発展途上にあるICT教育だが、ツールを使用することが目的ではなく、
ツールを使用し生徒自ら課題を解決する方向に導いていけるよう議論を重ねていってもらいたい。

明星中学校・高等学校HP http://www.meisei.ac.jp/hs/