ys media

  • Check

受験体験記

明法高校 新着 T・K君 小平市立上水中学出身

受験生に向けてのアドバイス

私は3年生の4月頃から塾へ通いはじめましたが、
10月の時点ではまだ志望校を決めていませんでした。
しかし、周りの人はみな志望校が決まっていて、そのため、私はとても焦りました。
私はまず、10月の時点で自分がもう少しで届きそうな高校に視点をあてました。
その上で、自分の性格にあったような校風である学校を選び抜きました。
そうしたおかけで、今は楽しい高校生活を送ることができています。
だから、自分にあった高校を調べることがなによりも重要なことだと思います。
勉強の仕方は、10月頃には過去問を解いていました。そして間違えた問題については、
ただノートに書くだけでなく自分がなぜ間違えたか、という理由もまとめておきました。
受験生のみなさん。今からでも間に合います。
焦らないで、計画的に勉強すれば、心も少し落ち着くでしょう。

中央大学附属高校 新着 H・Nさん あきる野市立西中学出身

日々の努力

夏休みが終わり、ほとんどの中学三年生が受験勉強に取り組むようになります。
他の受験生に差をつけるため、私が行った勉強法を二つ紹介します。参考にして下さい。
まず、自分の受験する高校だけでなく、
もう少しレベルの高い高校の過去問を解くことです。
それにより、解法の糸口が見つからないという問題がなくなりました。
もう一つは、間違えた問題はノートに解き直すことです。そして入試一ヶ月前には、
もう一度解き方を確認します。公式・熟語などは、暗記ノートにまとめ毎日読みこみます。
そんな努力と思いのつまったノートは、入試の時に一番のお守りになるはずです。
全てをやりきった時に結果は表れるので、今はその過程を大切にして下さい。

県立佐原高等学校 新着 K.Mさん

自分が実践した夏休の勉強の方法は?
夏休みはまとまった時間が取れるので、今までに習った範囲の復習をし、自分の苦手分野を明確にしました。そして、苦手を克服できるように、基礎から勉強しました。また、模試や過去の受験問題などにも取り組み、間違えた箇所やできなかった箇所の復習を徹底的に行ないました。

苦手科目の克服の方法は?
まずは基礎からやり始めました。学校から配られた教科書やワークの基礎的な問題を解き、解けない問題は解説を読んで理解し、それでもわからない所は、先生に聞きに行きました。類題を多く解き、自力で解けるようになってから応用問題に取り組みました。

夏休み以降も続けられた勉強法は?
英単語の暗記や理科・社会の一問一答などは何度も繰り返し行ないました。また、数学の計算問題は、正確に、速く解けるように意識しながらたくさんの問題に取り組みました。

受験生に向けて応援メッセージ
受験は長期戦だと思います。夏から本格的に受験勉強が始まり、春まで続きます。その中で大事なのは、モチベーションを高めるために、目標を持つことだと思います。大きな目標でも小さな目標でも、自分なりに考えて、それを達成できるよう努力していってほしいです。頑張れば頑張った分だけ、楽しい高校生活が待っていると思います。応援しています!!