千葉 入試情報
2021.8.1

〈2022年入試〉千葉県 学力検査の実施教科と出題方針等について発表

千葉県教育委員会は「令和4年度千葉県公立高等学校入学者選抜における学力検査の実施教科及び出題方針等について」を発表しています。

特に学校設定検査のうち、その他の検査にあたる「思考力を問う問題」を初めて実施。実施校は千葉高校のみ。その構成・検査時間・配点及び出題方針等が決定されています。


■実施教科及び出題方針等について
1 実施教科:一般入学者選抜等の「本検査」及び「追検査」
国語、数学、理科、社会は、各教科50分、英語は60分(配点は各100点満点)
※国語の問題は、放送による聞き取り検査を含む
※英語の問題は、放送によるリスニングテストを含む
2 出題方針として、5教科の細目も設定されています。

※図は一部です

■中でも千葉高校で実施される「思考力を問う問題」の細目に関しては
基礎的・基本的な知識及び技能を十分に活用して、様々な事柄を関連付けて、より正確に理解する力と、より深く思考する力を重視する。
(1)  国語:
文章を筋道立てて細部まで読み取る力と、そのことについて他者に正しく明確な表現で伝える力をみることができるようにする。
(2)  数学:
数学的に問題をとらえ、論理的に考察する力、統合的・発展的に考察する力及び表現する力をみることができるようにする。
(3)  英語:
英語のコミュニケーションについて、発信されている内容を正しく理解し、論理的、批判的に思考し、判断する力、表現する力をみることができるようにする。

とあります。
なお、その他サンプル問題については令和3年8月頃、千葉県教育委員会のウェブページに掲載される予定とのことです。

■詳細は:千葉県教育委員会
・令和4年度千葉県公立高等学校入学者選抜における学力検査の実施教科及び出題方針等について

・令和4年度全日制の課程の「一般入学者選抜」の検査の内容等

関連記事