よみうり進学メディア

埼玉 入試情報
2021.11.12

〈2022年度入試〉埼玉県内私立高校の動向 人気の学校は?

「将来の自分にとって価値ある志望校選択を!」

今年もコロナウイルスの影響により、多くの合同相談会や入試イベントが規模縮小やオンラインでの開催となったりしました。受験生の皆さんは情報不足などの不安を抱えながら、受験への準備がスタートしたことと思います。

そんな中で、各私立高校でもオンラインやSNSなど様々なツールを使い、学校情報の発信がされてきました。受験生の皆さんにとっては、大事な学校情報として参考になったのではないでしょうか。

さて、受験生の皆さんは12月中旬を目途に志望校を決定させ、入試本番へ一歩一歩近づいていきます。
学校選択の一助として、首都圏15万ユーザーが利用している検索サイト「単願.com」と「併願.com」のデータから、県内私立高校の閲覧状況をピックアップしましたのでご紹介します。

はじめに単願.comと併願.comで閲覧数が多い学校です。

【閲覧数TOP3】
1位:浦和実業学園
2位:浦和学院
3位:埼玉栄

となっています。全てさいたま市の学校です。
間もなく完成する新校舎の影響もあり、浦和実業学園が閲覧者数でトップとなっています。
2位の浦和学院は、こちらも人工芝のサッカーグランドが間もなく完成予定。さらに新校舎の準備も進んでいます。
3位の埼玉栄はオンライン授業が充実している学校のひとつです。また部活では全国レベルはもちろん、世界で活躍する生徒も在籍している、文武両道の学校です。
このように閲覧数の多い学校は、特長的なコースがあったり、部活も盛んな学校が上位を占める結果となっています。

また、前記の学校の他に閲覧数上位の学校として、星野(川越市)、山村学園(川越市)、昌平(杉戸町)などは男子から、浦和麗明(さいたま市浦和区)、叡明(越谷市)、細田学園(志木市)は女子から検索されている様子が伺えます。

さらに例年多くの受験生が応募している学校、大宮開成(さいたま市大宮区)や西武台(新座市)、獨協埼玉(越谷市)、東京農業大学第三(東松山市)なども検索されています。
いずれにしても、このような受験生の動向と埼玉県教育委員会から発表される「進路希望調査」を併せ見ておくと、志望校選択の際に有効になります。最後までしっかりと考えましょう。

最後にエリア別での検索ランキングで上位の学校を紹介します。

【南部エリア】
武南(蕨市)・開智(さいたま市岩槻区)

【東部エリア】
春日部共栄(春日部市)・花咲徳栄(加須市)

【西部エリア】
狭山ヶ丘(入間市)・東野(入間市)・聖望学園(飯能市)

【北部エリア】
本庄東(本庄市)・正智深谷(深谷市)

監修:高校入試活性化委員会(株式会社 リヴィジョン)新田 匡