特選記事
2019.12.25

入試直前!先輩からの応援メッセージ


いよいよ入試が迫ってまいりましたね。
一都三県の高校生に皆さんに送る応援メッセージを集めました。
昨年入試を乗り越えた先輩たちからのメッセージ、読んで励みにしていただければと思います。

・目次
東京都
埼玉県
千葉県
神奈川県

東京都

■「頑張ったノート」で自信を持つ
「受験勉強がはかどらない時は、高校入学後に楽しく頑張っている自分の姿をイメージしてモチベーションを高めました。また、頑張ったことを毎日ノートに書き留め見返すことでこれまでやってきたことに自信を持てるように意識をしていました。入試本番もこのノートを持参して各試験の前にニコニコしながら読んでいました。これが結果的に緊張することなく試験に臨むことに繋がりました。私は、自信を持つことこそがプレッシャーに打ち勝つ一番の方法だと思います。高校生になった今でも「頑張ったノート(ポジティブノート)」を続けています。」
東京家政大学附属女子高校N・Tさん(板橋区立加賀中学校出身)

■目標で変わる受験勉強
不安や悩みで勉強がはかどらないときこそ、消極的になって簡単に目標を下げないでください。目標は、学力を引き上げ、良い意味で自分を焦らせてくれます。出来るようになる自分を楽しんで、頑張ってください!
東京都立国立高校K・Yくん(府中市立府中第八中学校出身)

■悩み抜いた先に必ず楽しい春がある
最後の冬、僕はと得点の伸びを期待して苦手な英語長文と向き合っていましたね。「全力でやったか」が人生を変えてくれます。この瞬間までの君は覆せません。体を労りつつ、残り60日余り、ペンを離さないでください。
淑徳巣鴨高校Y・Tくん(豊島区立千登世橋中学校出身)

■冬のラストスパート!
中学3年の冬は受験勉強に集中できる最後のチャンス。自分なりのルーティーンをつくろう。僕はヘッドフォンをして音楽を聴きながら、過去問を解いていました。自分を信じてこの冬を乗り越えよう。頑張れ!
日本大学第一高校K・Sくん(江戸川区立西葛西中学校出身)

■結果が出ないと嘆く君
模試の結果は所詮本番で間違えないためのツールにすぎません。自分の弱点を把握し改善する。この繰り返しが力になります。落ち込むよりもまず行動!なすべきことをなしましょう。それが結果に繋がるはずです。
十文字高校E・Mさん(杉並区立富士見丘中学校出身)

■「正しい努力」は報われる
受験直前期は緊張して不安だと思いますが、目標はもう決まっているはずです。
そこへ向かって一つ一つ努力を重ねてください。昨日できなかった問題が今日はできたという実感を大切にしながら過ごしてください。
豊南高校 T・Cさん (東久留米市南中学校出身)

■今の頑張りが将来の力になる!
不安と闘いながらも、目標に向かって全力で努力すれば結果は必ずついてきます。その経験は受験だけでなく、高校に入学してからも自分を助けてくれる貴重な財産になります。妥協せず、最後まで頑張って下さい。
保善高校 S・Hくん(練馬区立石神井中学校出身)

埼玉県

■受験生へのアドバイス
僕は昨年、いろいろな種類の問題集に取り組みましたが、あまりうまくいきませんでした。ですから、あれこれと手を出すよりも、1つの問題集を完璧にできるように勉強した方がいいと思います。
城北埼玉高校H・Yさん(川越市立福原中学校出身)

■自分のペースで!
私は自分のペースで勉強することを優先しました。塾に通わず、自分で時間と量を決め、11時頃には寝ました。自分のペースなので気分転換もできました。不安もあると思いますが、自信を持って頑張ってください!
埼玉県立川口北高校T・Kさん(さいたま市立原山中学校出身)

■笑う門には福来る
長時間机に向かっていると、体が硬くなり疲れもたまりがちです。私は気分転換によくお笑い番組を見ていました。笑うことで心も体もほぐれます。勉強から離れて笑う時間も大切にすることで福を呼び込みましょう。
県立大宮高校M・Oさん(さいたま市本太中学校出身)

■最後まであきらめず勉強を!
受験勉強は大変だと思いますが、頑張った先には楽しい高校生活がまっています。私は当日まで苦手な数学を克服するため、たくさん復習をしました。受験生の皆様が合格できることを願っています。頑張れ!
正智深谷高校M・Yさん(深谷市立上柴中学校出身)

千葉県

■ゴールは目の前だ!
勉強が辛く、不安な人は多いと思います。ですが、努力して合格した暁には、必ず「この学校に入れて良かった!」そう強く感じるはずです。「あと少し」の頑張りが、君を「明るい未来」へと導きます!!ガンバレ!!
千葉県立柏高校T・Nくん(我孫子市立久寺家中学校出身)

■受験に欠かせないもの
受験は根性と集中力が大切だと思います。古くさい考えのような気がしますが、これがなければおそらく失敗します。周りにたくさんの誘惑があるかもしれませんが、自分をしっかり持って頑張ってください。
中央学院高校S・Kくん(柏市立高柳中学校出身)

神奈川県

■心にゆとりをもって、焦らずに!
12月にもなると、迫る受験日に対し焦りを感じる人は多いでしょう。しかし何事も休息は大事です。数分だけでもゆっくりと過ごす“chill”の時間をつくることで心にゆとりが生まれ、落ちついて勉強できるはずですよ!
法政大学第二高校O・Jさん(川崎市立野川中学校出身)

■最後まで取り組むことが成功の鍵!
皆さんの中に「この科目は得意だから勉強は後回しにしよう」と考えている人がいるかもしれませんが、試験中、緊張して得意科目で失敗する可能性があるので、受験勉強は最後まで全科目を偏りなく取り組みましょう!
桐光学園高校N・Tさん(相模原市立上鶴間中学校出身)

■自分の個性を活かせる高校へ!
私が校風を意識したのは、担任の先生から横浜清風高校を勧められたのがきっかけでした。今は、個性を尊重する「仏教主義」のもと自分のペースで充実した学校生活を送っています。皆さんも自分に合う高校を目指して最後まで頑張ってください!
横浜清風高校K・Oさん(横浜市立境木中学校出身)