よみうり進学メディア

東京 入試情報
2019.10.4

令和2年度 東京都内私立高校入試変更点

私立高校も令和2年度入試準備着々

聖学院が募集再開、小野学園女子は校名変更、共学化へ

令和2年度入試に向けて、私立高校の募集要項が出そろった。
現高校2年生が大学入試を迎える時から、大学入試改革が実行される。
それに向けて、準備を進める高校は、増加しているようだ。
都内私学の2年度入試変更点では、聖学院と中村(普通科)で高校募集が再開となるほか校名変更、共学化、コースの新設や改編が相次ぐ。
気になる高校の、説明会や相談会に参加して情報収集をしておきたい。

急ピッチで進む、大学入試改革や社会の変化への対応

現中学3年生は、大学入試改革の3期生となる。
この大学入試の改革を視野に、教育改革を推し進める学校が増加している。グローバル教育(※1)やアクティブラーニング(※2)型授業、ICT教育(※3)の導入などだ。
希望する学校の説明会へ参加し、入試制度や基準だけでなく、授業時間や教育の特色などを聞き取ることが必要だろう。
令和2年度都内私立の主な変更点は次のとおりだ。まだ調査中のため、必ず該当の学校の入試情報を確認してほしい。
(岩佐教育研究所調べ)
※1 国際的な視野を育む教育。
※2 生徒参加型の能動的な授業を指す。
※3 コンピューターやインターネットなどの情報通信技術を活用して行う教育。

志望校の入試変化に注意

■ 高校募集再開
○ 聖学院(北区)
○ 中村(江東区)
 →普通科、国際科は30年度募集再開。

■ 校名変更・共学化
○ 品川翔英(品川区)
 →旧校名 小野学園女子、共学化、理数選抜、国際教養、特別進学、総合進学の4コース制に再編。
○ 武蔵野大学(西東京市)
 →共学化。

■ 学科・コースの変更
○ 武蔵野大学千代田(千代田区)
 →MI(メディカルインテリジェンス)コースを新設。IB、IQ、GA、LA、MSの6コース制へ再編。
○ 東京女子学園(港区)
 →特進、進学の2コースから国際教養、未来創造の2コースへ再編。
○ 日本体育大学荏原(大田区)
 →総合コースを進学コースに改編。アカデミック、体育コースとあわせ3コース制。
○ 蒲田女子(大田区)
 →特別進学コースを新設。幼児教育、キャリアコースとあわせ3コース制。
○ 品川エトワール女子(品川区)
 →一般コースをキャリアデザインコースに改編。国際キャリア、マルチメディア表現、ネイチャースタディコースとあわせ4コース制に。
○ 自由ヶ丘学園(目黒区)
 →特別選抜アドバンスコースを新設。特選プログレス、選進グローバル、選進サイエンス、選進アスリート、総進フロンティアとあわせ6コース制に。
○ 目黒学院(目黒区)
 →体育コースをスポーツサイエンスコースに改編。スーパープレミアム、プレミアム、アドバンス、スタンダードとあわせコース制。
○ 村田女子(文京区)
 →商業科を募集停止。特進コースを進学コースに改編。グローバルリーダー、スーパー特進とあわせ普通科3コース制に。
○ 潤徳女子(足立区)
 →総合進学、特別進学、美術デザインコースから進学、特進、美術コースに改編。
○ 八王子実践(八王子市)
 →普通コースを総合進学コースに再編。特進コースに選抜クラスを設置し、J、特進とあわせ3クラス制に。文理コースは文理選抜、文理進学クラスに、3コース5クラス制に。
○ 藤村女子(武蔵野市)
 →進学と総合コースを総合進学コースに統合。S特、特進、総進、スポーツ科学特進、スポーツ科学の5コース制に。

私学独特の入試制度の研究がカギに

2年度入試に向けて、都内外の私立高校の入試説明会が佳境に入った。
これらの説明会に参加することで、各コースの内容、教育課程、進学実績などの詳細な情報を得られること、校舎施設の見学ができるなどの他に、入試の種類や基準などの情報が得られる。また、同時に実施される個別相談では「合格の可能性」などを聞くことができる。
各校では、推薦・併願優遇などの第一志望者対象の入試と、都立との併願を前提とした入試を設けている学校が多い。
入試制度を調べ、担任の先生と相談しながら、これらの制度を利用することが、私立受験で合格を勝ち取るカギとなるだろう。

関連記事