よみうり進学メディア

埼玉 入試情報
2020.12.23

埼玉県教委、新型コロナウイルス感染症対応発表 出願は原則郵送(12月22日改定)

埼玉教育委員会は12月9日、令和3年度公立高校入学者選抜における新型コロナウイルス感染症に伴う対応について発表しました。対応の詳細に加え、中学3年生と保護者向けに概要を分かりやすくまとめたリーフレットも公開しています。主な発表については次の通りです。

新型コロナウイルス感染症対応リーフレット12月22日改定

出願は原則中学校ごとに郵送

まず出願について、例年は志願者が高校の窓口へ持参する形式ですが、今年度は出願時の密を回避するため、原則中学校ごとに取りまとめての郵送となります。
中学校が取りまとめて郵送(または持参)する場合の受付日時は2月12日となっていますので、取りまとめの時間や郵送期間などを考えると、志願書類の作成は、およそ一週間程度早くなりそうです。志望校決定のタイミングが早まる事となるため注意しましょう。

ただし、病気による欠席等や、直前まで志望校の決定を迷っているなどの理由で、郵送の期限までに願書の提出ができなかった人向けに窓口出願(2月15日・16日)も受け付けるということです。志願先変更も窓口のみの対応となります。

また、さいたま市立及び川越市立の高校を受検する人は、入学選考手数料を現金で納入するため、窓口出願のみとなります。

12月22日に改定され、さいたま市、川越市、川口市の市立高校への出願も原則郵送と変更されました。

新型コロナウイルスに感染してしまった人、濃厚接触者のために特例追検査を実施予定

学力検査は、新型コロナウイルス感染者となってしまった人や、その濃厚接触者、受験当日に発熱がある等のチェックリスト(下記参照)に該当する人は受検することはできません。

その場合は追検査、また今回新規に設けられた特例追検査を受検することができます。
特例追検査は3月12日に、県内4会場で実施される予定です。受検教科は国数英の3教科となります。英語のリスニングは行われません。

学力検査受検者用チェックリスト

学力検査当日は常にマスク着用。教室は密を避け、常時換気に

例年ではひと教室に40人程度での受検でしたが、今年度は35人以下となります。会場では受検生同士の間隔を1メートル以上空けるとしています。会場は常時換気に加え、一教科ごとに全ての窓を開け放つ換気を行います。
また当日は昼食時を除き、原則マスクの着用が義務付けられるということです。
換気のため、会場の気温が普段より低いことが想定されています。リーフレットにもコート等の防寒着の準備する呼びかけがありました。防寒対策はしっかり準備しておきましょう。

合格発表はインターネットが先行

3月8日の入学許可候補者の発表、つまり合格者の発表もインターネットによる発表が基本となります。
例年では各校での掲示発表があり、補足的にウェブでの公開でしたが、今年度はまず午前9時にウェブで発表が行われた後に補足的に各校での掲示発表が行われます。これも掲示板前の密を回避するための措置となります。
合格発表のためのURLは別途発表されるということです。

日頃からの体調管理に気を付けて

コロナウイルス感染症に掛かってしまっても受検機会が確保されることが発表されましたが、体調を崩さないように試験日を迎えられるのが一番です。日頃から、感染リスクを避けるために沢山の人が集まる場所を避けること、マスクの着用、こまめな手洗いを心掛けましょう。
心配事があれば学校の先生に相談するようにしましょう。

発表の詳細は「埼玉県公立高等学校入学者選抜情報」から確認できます。
■令和3年度埼玉県公立高等学校入学者選抜に関する情報
https://www.pref.saitama.lg.jp/f2208/r3nyuushi-jouhou.html

関連記事