よみうり進学メディア

埼玉 入試情報
2021.4.26
PICK UP

令和3年度(2021年)埼玉県公立高入試、平均点を発表

埼玉県教育委員会は2021年4月22日、2021年度(令和3年度)埼玉県公立高等学校入学者選抜の実施状況を公表しました。
受検状況については、全日制が募集人員3万6,280人に対して3万9,157人が受検し、うち3万4,681人が合格(入学許可候補者)。競争率は1.13倍となりました。
学科別では、理数1.82倍、外国語1.23倍、美術1.23倍等が高く、普通科は1.15倍でした。

欠員補充を実施した学校は59校で計1,458人を募集。
2020年度と比較すると、実施校20校、募集人員678人増加し、受検した228人全員が合格しています。
不登校の生徒等を対象とした特別な選抜も実施され、405人受検したうち339人が合格しました。
定時制は募集人員2,136人に対して1,075人が受検。合格者は1,053人で、競争率は1.02倍となりました。

また、学力検査の平均点についても下表のように公表されました。

■学力検査問題の受検者平均点(各教科100点満点)
国語68.7点(前年比11.5点増)
社会62.6点(同7.2点増)
数学62.2点(同5.7点減)
理科56.2点(同5.1点増)
英語51.4点(同0.8点減)。
■難易度の高い応用的な内容を含む学校選択問題の受検者平均点は、
数学56.0点(同0.8点増)
英語61.6点(同2.7点増)

令和3年度は、前年に比べて、かなりの高平均点となり、60点台が過半数となりました。これは史上初だったそうです。
数学と英語の2教科は平均点が下がったものの、全体としては、点数の取りやすい入試だったと言えそうです。

とはいえ、入試の難易度が下がったという訳ではありません。
次年度は、教科ごとの平均点の差異の調整や、今年度点数が高かった国語などは調整が入る可能性があります。入試への準備を怠らず、情報収集をしていきましょう。

■埼玉県教育委員会
令和3年度埼玉県公立高等学校入学者選抜実施状況【確定版】(PDF:232KB)
https://www.pref.saitama.lg.jp/documents/175925/r3nyushizissizyoukyou.pdf

関連記事