よみうり進学メディア

東京 入試情報
2021.11.19

〈2022年度入試〉令和4年度 東京都内私立高校の動向

「将来の自分にとって価値ある志望校選択を!」

今年もコロナウイルスの影響により、多くの合同相談会や入試イベントが規模縮小やオンラインでの開催となったりしました。受験生の皆さんは情報不足などの不安を抱えながら、受験への準備がスタートしたことと思います。

そんな中で、各私立高校でもオンラインでの説明会や人数制限付きで対面での学校説明会を開催してきました。受験生の皆さんにとっては、大事な学校情報として参考になったのではないでしょうか。

さて、各中学校ではこれから中学3年生を中心に三者面談等が行われ、いよいよ最終的に志望校を決定する時期となっています。そして12月中旬には調査書が確定し、入試本番へ向けて一歩一歩、近づいていきます。

学校選択の一助として、首都圏15万ユーザーが利用している検索サイト「単願.com」と「併願.com」のデータから、都内私立高校の閲覧数の多い学校をご紹介します。

はじめに単願.comです。
【単願.com】
『男子校閲覧数Top3』
1位:日本大学豊山
2位:保善
3位:京華

『女子校閲覧数Top3』
1位:日本大学豊山女子
2位: 十文字
3位:白梅学園

『共学校閲覧数Top3』
1位:明治大学付属明治
2位:國學院
3位:日本大学鶴ヶ丘
単願.comでは上位に大学付属の学校が多くなっており、昨年同様、大学付属人気の傾向が続いていると言えます。

次は併願.comです。
【併願.com】
『男子校閲覧数Top3』
1位:京華
2位:保善
3位:自由ヶ丘学園

『女子校閲覧数Top3』
1位:白梅学園
2位:十文字
3位:佼成学園女子

『共学校閲覧数Top3』
1位:目黒学院
2位:朋優学院
3位:駒場学園

併願.comでは単願.comと違い、大学付属校が少ない結果となりました。代わりに独自のプログラムを導入したり、特色のあるコースを設置したりしている学校が目立ちます。
この他に昨年度と今年度の閲覧数の伸び率で上位になっている学校は、「淑徳巣鴨」「品川翔英」「昭和第一学園」などとなっています。
このように多くのユーザーから閲覧されている学校は進学実績が伸びていたり、他校にはない取組みがあったり、校舎や施設が最新鋭だったりと、注目ポイントがある高校です。

いずれにしても、このような受験生の動向を参考にすると志望校選択で有効になります。将来のために、自分にとって価値ある志望校を選択することが重要となります。最後までしっかりと考えましょう。

監修:高校入試活性化委員会(株式会社 リヴィジョン)新田 匡