よみうり進学メディア

埼玉 入試情報
2021.12.5

〈2022年度入試〉埼玉県 昌平高校 先生からの入試直前アドバイス「今の努力は将来必ず生きてきます」

今の努力は将来必ず生きてきます
昌平高校 広報室長 名雲 浩先生

自分を伸ばせる学校を選んで

今の時期、中学生の皆さんからよく聞かれるのは「高校に入ってから勉強についていけますか」という質問です。その質問には「大丈夫。でも高校生になっても、今、受験勉強に取り組んでいるのと同じくらい頑張ってください」と答えています。高校1年生の勉強は大学受験に向けた学習の基礎だからです。高校入試合格はひとつのゴールではありますが、高校に入ることは人生のゴールではありません、むしろそこから、どう自分を伸ばすことが出来るのかが重要です。「ここだったら自分の可能性を伸ばせる」という学校を選んで欲しいです。

実力向上、合格に向けてふたつのアドバイス

ひとつは、今まで受けた模試、定期テストの結果を無駄にしないことです。テストはその時点での自分の実力を明らかにするものです。出来なかったことをケアして、分からないことを少しでも減らす努力をしましょう。
もうひとつは過去問題集をやりこんでください。過去問に取り組むことで、出題傾向の把握ができます。また取り組むからには時間を測って、試験時間と同じ時間で、どの程度解けるのかを掴んでおきましょう。そうすれば時間配分など自分なりの作戦を立てて試験に臨むことができます。
練習していないことは試合では出来ません。試合は練習してきた何割を発揮できるかで差がつくのです。今からは試験を目指し、自分自身を「仕上げる」という意識で準備していきましょう。
昌平の入試ですが、今までは特別進学コース、選抜進学コースで異なる問題を出題していましたが、今年度は特進準拠の、同じ問題で行います(IBコースの英作文は除く)。備えておいてください。

そして入試本番では

入試は定期テストではありませんので、100点を取る必要はありません。時間を、目一杯使って、順番にこだわらず、得点できるところでしっかり点を取ってください。
高校入試は、皆さん人生の中で、はじめての関門だと思います。今の努力はそのあとの将来に必ず生きてきます。悔いの無いよう、やりつくしてください。今はコロナの心配もありますので、規則正しい生活をし、体調管理にも気をつけて試験に臨んでください。

昌平高校ホームページはこちら

関連記事