よみうり進学メディア

東京 高校レポ
2020.7.14

受験生の不安解消にWEBで情報公開 共立女子第二高校(八王子市)

東京ドーム5個分の広大なキャンパスには、高校生活を3年間過ごすのに十分な施設が整っている共立女子第二高校。
約6万の蔵書を誇る図書館、4室からなる理科実験室、複数の運動部が同時に使える体育館とグラウンド、そして清潔感のある近代的な校舎群。「オープンキャンパスや説明会で実際にご来校いただくと、多くの受験生に気に入ってもらえます」と入試広報の戸口義也先生は話してくれた。「今年はコロナウイルスの影響で実際にこのキャンパスを見てもらえなくて非常に残念です」と続けた。
4月中旬からオンライン授業を始め、5月の連休後からは、オンデマンド動画の配信やビデオ会議ツールを使ったホームルームなども行った。また、新入生向けに生徒会役員の紹介メッセージを届けるなど、WEBの活用を推進している。
同時に受験生に向けた情報も「WEBで1週間に1本は新しい動画を発信しよう」と担当の先生と決めたそうだ。
先ずは、『バーチャル校内案内動画』で自慢のキャンパス紹介を公開した。本来であれば在校生がキャンパスツアーで案内してくれる企画だが、休校中なので先生が隅々まで校舎を紹介している。実際に見学に訪れ、是非自分の目で確かめておきたい。

「バーチャル校内案内動画」はこちらから

また、一押しの動画に、生徒会から『受験生の皆さんへ、ウチの学校のイチバン良いところ』と題した自分のお気に入りを語ってくれている。生徒会役員4名が「女子だけなので気を使わないので体育祭・文化祭が楽しく、強い絆を感じます」などと優しく語りかけてくれている。

受験生の皆さんへ~生徒会の学校紹介動画はこちらから

6月にはビデオ会議ツールを使ってWEBでの個人面談を始めた。また7月には校内で1日20組限定の3密を避けた面談式の説明会を始める予定だ。
最後に「少しでも受験生の不安を解消できる機会を設けてあげたいです」と先生の温かい心遣いを感じることができた。

共立女子第二高校のホームページはこちらから