よみうり進学メディア

東京 高校レポ
2020.10.18

ダンスパフォーマンス専攻設置 日本体育大学桜華高等学校(東村山市)

昨年度からダンスパフォーマンス専攻が動き出しています。
この専攻では、本校のダンス専用スタジオにてプロダンサーによるハイレベルな指導を行います。そして、毎年、学習の集大成として発表会を実施します。本年度は11月6日(土)に「ルネこだいら」にてOHKA DANCE FES 2020を開催します。本年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、縮小しての開催となりますが、昨年度は1000名を超える方にご来場いただき、開催いたしました。そのFESには本校の生徒たちだけでなく、外部団体(世界大会優勝レベルのチームなど)にもご出演いただきました。
 この専攻に所属する生徒たちを指導するのは、World Hip Hop Dance Championship 日本代表チームの振付師であり、これまで国内や海外でチームを優勝に導いてきた池田拓氏と、15歳から松山バレエ団に所属し、1984年~1992年まで同バレエ団の国内公演すべてに出演するとともに、ロンドン公演やニューヨーク公演など、海外での公演においても主力団員として出演してきた榊珠名氏です。また、定期的に芸能人のバックダンサーを務めている方などをお招きして、ワークショップも展開しています。
 授業では、ダンスの基礎となるクラシックバレエ、ストリートダンス系のHIP HOP、HOUSE、JAZZだけでなく、舞台構成なども学べるカリキュラムを予定しています。そういった授業を通して、柔軟性やバランス力、リズム感を養うだけでなく、エンターテイメントで必要とされる表現力、競技スポーツに必要なコミュニケーション能力を身につけていきます。将来、プロダンサーやダンスインストラクター、教員などを目指す生徒、または、ダンスや身体表現が好きな生徒に最適な専攻です。

日本体育大学桜華高校のホームページはこちらから

関連記事