よみうり進学メディア

東京 高校レポ
2020.10.18

受験のモチベーションを高める3年間  十文字高校(豊島区)

十文字高校は今年、進学実績を伸ばしました。国立大学に15人、早慶上理ICU、MARCH・Gに118人が合格。開放的な学校生活の中ででも、受験へのモチベーションを上げる定期的な集会をひらきつつ、基礎学力を固める指導が成果を上げてきました。

「受験への意識」高1から定期的に呼びかけ

キャリア教育と同時進行で、1年生のうちから受験への意識を高める呼びかけを学年集会などで継続して行っています。
毎日のように行われている放課後講習ではレベルが細かく分けられていて、発展的な問題演習もたくさん経験できます。一般的な受験科目にプラスアルファの学習があることで、変わった受験形式にも対応できますので、塾や予備校に通わなくても対応できるのです。

学力を細かく把握する!生徒に応じた柔軟な指導

模試で生徒の勉強の進み具合を把握し、放課後に行う講習のクラス分けに反映させています。
また、学習計画・学習履歴を記録できる「タクスノート」といったオリジナルの手帳を持ってもらい、自分の学習・生活管理を促しています。また、その手帳をチェックすることで教員が生徒の学習状況や生活状況を把握し、個々に応じて適切なアドバイスをすることも可能になります。

十文字高校のホームページはこちらから