千葉 高校レポ
2021.7.12

生徒会からの紹介企画も 中央学院高校(我孫子市)

「学院坂」と呼ばれる坂を高台へ昇ると、周囲を緑に囲まれた広大なキャンパスの中央学院高校がある。
文武両道を掲げる同校では、学習や部活動に加え、「プラスα」の自分づくりもサポートしており、9種10検定を校内で受けることもできる。

また、全生徒は校技として男子は剣道、女子は弓道を3年間かけて学び、技術とともに礼儀作法も身に付けるそうだ。

同校の学校見学会や入試説明会では、教員からの学校説明に加え、生徒会が中心となった企画が実施されている。また、敷地内にある校舎やグラウンド、武道館、弓道場などの施設をはじめ、部活などを紹介している。

8月21日と22日の学校見学会では、学校側からの説明のあとに校内見学ツアーが予定されている。このツアーは生徒会メンバーが15〜20人の見学者を担当し、校内の施設を回りながら学校生活を説明。質問にも答えてくれる。

生徒会長のR・Mさん(3年・柏市立高柳中学校出身)は「見るだけだと分からないことが多いと思うので、生徒会にいろいろと質問をして学校のことをたくさん知ってほしいです」と話してくれた。
10月から11月の土曜日に行われる入試説明会では、生徒会が制作した施設や部活などを紹介する動画の上映のほか、数あるアイテムを組み合わせてコーディネートできる自慢の制服を紹介するファッションショーが予定されているそうだ。

同副会長のM・Yさん(3年・酒々井町立酒々井中学校出身)は「制服はシャツの色も3色あるし、女子用のスラックスやネクタイも用意されているので好きなスタイルが選べて嬉しい。普段は友達とシャツの色などを合わせてお揃いのコーディネートを楽しんでいます」と話してくれた。

学校見学会や入試説明会はすべて予約制となっており、今後のコロナ感染症予防の状況次第で内容の変更もある。詳細についてはHPで確認してほしい。


生徒会長のMさん(右)と同副会長のYさん(左)

「受験勉強の息抜きに是ぜひ見学に来てください」

関連記事