よみうり進学メディア

神奈川 高校レポ
2021.10.16
PR

鎌倉女子大学高等部(鎌倉市) 古都鎌倉に新しい校舎が完成

2021年9月より新校舎での授業が始まりました。

「人・時・みどりを大切に」をテーマに、緑あふれる豊かな環境の中で勉強が楽しくなる工夫が随所に盛り込まれた地上4階建ての校舎です。
各教室とも採光面を広くとった設計となっており、窓ガラスからの自然光が教室を照らし、木のぬくもりを感じられる落ち着いた環境で授業が受けられます。

1階には礼法室が置かれ、約60畳の広い和室になっています。
ここでは「立居振舞講座」という作法の講座が開かれたり茶道部が活動したりと、和の文化を学ぶ場として活用されています。
エントランスと床の間には旧校舎で使用していた瓦が利用され、新校舎のシンボルとなっています。

3階に上がるとラーニングコモンズと呼ばれる空間が広がり、グループ学習用の机や椅子に加えて3つの大型スクリーンなどのIT設備が用意されています。
主体的、対話的で深い学びに対応するためさまざまなレイアウトが可能になっており、探求学習や討論会、講演会、友達とのランチタイムにも利用できます。

校舎中央の3階と4階に位置する図書館は、話題の新刊や小説・雑誌から専門書まで幅広く扱い、学校図書館としては県内最大級の約6万冊を超える蔵書数を誇っています。

2020年度より、英語教育を重視した「国際教養コース」と「プログレスコース」の2つの新しいコースがスタートしました。
「国際教養コース」では高い教養と語学力を身につけ、国際社会で活躍する女性を育てます。
5教科を中心とした3年間の高い学びにより、論理的な思考力・判断力・表現力を養い、
異文化に理解を持った世界に通用する真の国際人を育成します。
「プログレスコース」では基本的な知識や技能の定着を図り、これからのグローバル社会で活躍するために必要な学力を育成します。

さらに、課外活動や部活動を通じて豊かな人間性・主体性を育み、社会に貢献できる自立した女性を育成します。鎌倉女子大学高等部の新しくなった校舎で、楽しく実りのある高校生活を送ってみませんか。

新校舎の全景

約60畳の広い礼法室

図書館は約6万冊を超える蔵書数

ラーニングコモンズ