よみうり進学メディア

千葉 入試情報
2020.2.13

令和2年度千葉県公立高校入試、前期選抜実施

2月12日、千葉県内公立高校で、前期選抜等の第1日の検査が実施されました。全日制の課程で36,526人、定時制の課程で727人が受検しました。
全日制の入学許可候補者の予定人数は21,758人で、全日制課程の欠席者は118人。実質倍率は1.68倍となりました。
試験は13日に第2日の検査(面接や作文など)ののち、19日9時に入学許可候補者内定者が発表される予定です。

千葉県では令和3年(2021年度)春の入試から前期後期の選抜が一本化される予定となっています。
先に一本化を導入した県では、確実に合格するため志望校のレベルを下げるなどの安全志向の対策をとる受験生が多かった模様です。
千葉県公立入試も同様の傾向となるのか、注意が要るポイントです。

千葉県教育庁の発表はこちら

関連記事