神奈川県立川和高校 新たに学力向上進学重点校に指定

神奈川県教育委員会は12月23日、2021年度(令和3年度)以降の「学力向上進学重点校」に、新たに川和高校を加えることを発表しました。

学力向上進学重点校は、2018年(平成30年)4月に指定された横浜翠嵐高校、湘南高校、柏陽高校、厚木高校の4校でしたが、今回、県立高校改革実施計画(Ⅱ期)として川和高校を追加し5校となります。

指定を受けた学校では、教科・科目や総合的な探究の時間を通して、主体的、総合的、探究的に学び、将来のリーダーとして、自ら問題を発見し、自ら解決できるよう、教科等を超えて様々な課題を関連付けて考えることのできる思考力・判断力・表現力等の育成に取り組み、希望する進路の実現を図るということです。

また、同じタイミングで学力向上進学重点校エントリー校の13校が発表されました。

指定を受けるのは横浜平沼高校、横浜緑ケ丘高校、光陵高校、希望ケ丘高校、多摩高校、横須賀高校、平塚江南高校、鎌倉高校、小田原高校、茅ケ崎北陵高校、相模原高校、大和高校、横浜国際高校の13校です。横浜国際高校は今回が初めての指定となります。

※指定の期間:令和3年4月1日から令和6年3月31日まで(※神奈川県教育委員会ホームページより記者発表資料より)

詳細は神奈川県HPをご確認ください。

■令和3年度以降の学力向上進学重点校の指定について

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/dc4/prs/r3246020.html

■令和3年度以降の学力向上進学重点校エントリー校の指定について

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/dc4/prs/r6133185.html