埼玉 入試情報
2021.10.7
PICK UP

〈2022年度入試〉 埼玉県教育委員会 「出席停止の扱いについて」発表

埼玉県教育委員会は2021年10月6日、
「令和4年度埼玉県公立高等学校入学者選抜に関する出席停止の扱いについて」
を発表しました。

※画像は調査書の様式

埼玉県教育委員会の発表によると
「県公立高校入試の調査書の『出欠の記録』欄には、
出席日数や出席停止の日数の記載欄を設けておりません」
「新型コロナウイルス感染症等の影響により、出席停止となっても、
県公立高校入試で不利益はありません」とあります。

これは10月1日、文部科学省から発表された
「現下の新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた令和4年度の高等学校入学者選抜等における調査書の取扱いについて:
新型コロナウイルス感染症の影響が続く中、令和4年度の高等学校入学者選抜等における調査書の取扱いについて、各実施者に特段の御配慮をお願いする 」
として
「調査書において出席等に係る日数(「出席日数」「出席停止・忌引き等の日数」「出席しなければならない日数」など)の記入欄を設けている場合には、 臨時休業や分散登校、出席停止等に伴う当該欄への記載内容により、
特定の入学志願者が不利益を被ることがないようにすること」としており、各教育委員会等に御対応をお願いしたところです」
との記載を受けてのものです。

また文部科学省からは
「指導要録上、オンラインを活用した特例の授業を実施したことを、より明確にするため、
『出欠の記録』の『備考』の記載事項の取扱いについて」として
「非常時にやむを得ず学校に登校できない児童生徒について、
一定の方法によるオンラインを活用した学習の指導を実施したと校長が認める場合には、
指導要録の『指導に関する記録』として、
非常時にオンラインを活用して実施した特例の授業等の記録について学年ごとに作成する」
とあります。(2022年10月6日)
※引用文は一部抜粋

関連記事