よみうり進学メディア

少人数できめ細やかな指導で生徒一人ひとりの才能を伸ばす 聖ヨゼフ学園高校(横浜市鶴見区)

少人数できめ細やかな指導で生徒一人ひとりの才能を伸ばしている聖ヨゼフ学園高校。

小学生の頃からの夢、声優になるために専門学校に進学を決めた、Oさん(横浜市立義務教育学校西金沢学園出身)に話を聞いた。

2年生の時から学校選びを始め、クラスメイトの多くが大学進学を目指す中で、迷いはなかったそうだ。今は、大学入試に不安を抱えている仲間の相談に乗ったり、自信を持って受験に臨めるよう、応援していると言う。

Oさんは、高校での色々な経験からステップアップできたと話す。

何か自分の経験から出来ることはないかと考え、3年生の情報研究の授業では、同校最寄りの鶴見駅のバス乗り場案内の動画を作成した。自身がどのバスに乗ったら良いのか迷ったことを思い出し、撮影、スライド制作、編集、アフレコなど全てを一人で行い完成させた。

また、ミッションスクールの同校では毎朝の朝礼で、当番の生徒が校内放送を使いお祈りをする。岡安さんは、隔週の金曜日にお祈りの先唱を担当している。

声優を目指すOさんのお祈りは、復唱するタイミングが絶妙で校内の誰もが認めていると、同席した入試委員の竹田安紀子先生は話す。「朝一番の大切な役目、岡安さんが当番の日は、良いスタートが切れます」と話す。

最後にOさんは「高校は、勉強はもちろん色々な経験が出来る所です。自分がやりたいことが出来る高校を探して下さい。そして、不安な時こそ、先生や友達と相談することで新しい発見があったり、興味が広がります」と話してくれた。

学園自慢の吹き抜けの中庭「アトリウム」にて

聖ヨゼフ学園高校のホームページはこちらから

関連記事