よみうり進学メディア

東京 高校レポ
2020.11.18

コロナ禍と学び 駒込高等学校(文京区)

本校は中高1,730余名の生徒全員がタブレット端末を持ち、電子黒板・プロジェクター等を用いてアクティブラーニングを行っています。
このコロナ禍の中でも教員は150時間(1200本)を超えるオンライン教材を独自に作成して対応してきました。
「学びを止めない」を合言葉に!
生徒は学校によって生きるのではありません。
学校の意味によって生きていきます。
本校の建学の理念である「一隅を照らす」の実績が、本校の「オンライン授業」の制度化です。
「子供は国の宝」なのです!

校長 河合孝允

駒込高校のホームページはこちらから

関連記事