よみうり進学メディア

埼玉 高校レポ
2020.2.17

開智未来、第3回校内プレゼンテーションコンテスト『未来TED』開催

開智未来高校(加須市)は2月17日に第3回目となる校内プレゼンテーションコンテスト『未来TED』を実施しました。

これは、世界的講演会「TED Conference」(テド・カンファレンス)の開智未来版ともいえるイベントです。TEDとは、Technology Entertainment Designの略称で、基本的には学術・エンターテインメント・デザインなど様々な分野の人物がプレゼンテーションを行ないます。

『未来TED』でも各学年内の予選を勝ち抜いた代表生徒が日頃の学習の成果やフィールドワーク等のレポートを日本語、または英語でプレゼンテーションを行いました。

中でも、高校1年生が実施したプレゼンは、自分の才(才能、よさ)」を見きわめ、磨き、発揮するという、同校独自のプログラム「才能発見プログラム」で研究した内容の発表で、各々の興味関心を掘り下げていました。

ゾウリムシが大好きだという生徒が、ゾウリムシが細菌を食べることに着目し、寒天培地の細菌増殖をゾウリムシの有無で比較し、最終的にはろ過のプロセスに利用できないか模索する研究や、アイドル好きの生徒が、その沢山のメンバーを覚えるため、様々な条件下で暗記を試みるものなど、とてもユニークな内容の発表が行れました。

開智未来高校ホームページはこちら

関連記事